症例

噛み合わせの回復、義歯の改善、機能安定

インプラントを利用してかみ合わせを回復し、義歯を可及的に小さくし、長期間にわたる機能の安定を維持している症例です。
写真は初診時の状態ですが、某歯科大学の義歯を作る診療科へ10年以上通院し毎回、義歯の調整を受けてきたとのことでした。
まずかみ合わせの高さを正常な位置に戻すことを計画しました。

インプラントを埋入し垂直的な高さを回復しました。

数回にわたる手術の後、インプラントにマグネットを装着し新しい義歯を可及的に小さくしかも安定した状態で使えるようにしました。

治療終了時の写真です。

現在の状況です。
10年以上経過し、自分の歯にかぶせたクラウンが摩耗したため修復しました。