症例

重度歯周炎患者+GBR 51歳女性のケース

いろいろな場所が腫れるとの主訴で来院しました。
特に上の前歯がおかしいとのことでした。

歯周基本治療終了後外科処置に移行しました。
レントゲンでもわかるようにかなり大きい骨欠損が認められます。
そこで、GBRを併用し骨の再生を期することとしました。

外科処置終了後です。
歯肉が健康を取り戻すと、そうなった原因の一端が見えてきます。
仮歯に変えた後最終補綴物を装着しました。

GBR術前、術後の比較レントゲンです。
明らかな骨の回復が認められます。

左下臼歯部にも深い骨欠損がありました。
ここは移植材ではなくエムドゲインというブタのタンパク質を用いた再生誘導療法。
メインテナンス時明らかな骨レベルの変化が認められます。