診療案内

インプラントとは



インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えている傾向にあります。
インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。
失われた歯の場所に歯根の代わりになる人工の歯(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」といいます。

インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。
例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。
歯科インプラントも同じように歯の代わりをする金属(チタン)などの人工素材を利用しています。

当医院ではコンピューターシステム(SimPlantシンプラント)を活用して
インプラント治療を実施しています。
 >> 詳しくはこちら

メリット

見た目も、機能的にも天然の歯に近いので、入れ歯やブリッジに比べより自分の歯と同じような感覚で噛むことが可能になります。また周りの歯に負担をかけたり削ったりしないので、健康な歯への影響を与えずに済みます。
人工歯部にはセラミックやジルコニアなどを使用するため、天然の歯に見た目もより近づけることができます。

デメリット

原則的に保険適用外になるため、ブリッジや入れ歯に比べ費用がかかります。
また手術が必要になり、事前の精密な検査や術後の経過観察など治療期間がながくなります。

費用について

1本あたり400,000円〜700,000円
*治療の対象となる歯の条件等により変動があります。